国際バカロレア「文学」から学ぶ日本の国語科教育の課題

IB導入校の教員が、我が国とIBとの国語教育の違いを明らかにした論文である。国語の教育法は数多あるが、ここでは科学的「読み」の授業研究会の教育方法とDPの教科の一つである「文学(第一言語)」を比較分析している。文学作品の読み方を言語技術教育として捉えることを共通点としてあげている一方、教員の自由度とスキルの体系化、試験のあり方や評価基準の公開などの相違点を指摘している。我が国の国語教育の現場に、DPの「文学」の理念と方法論を発展的に取り込んでいくことを提唱している。

キーワード:

(公開日: 2014/02/18)