国際バカロレア・ディプロマ科目「知識の理論(TOK)」と総合的な学習の時間

総合的な学習の時間が、知識基盤社会への対応、ひいてはグローバル人材の育成に必要な能力の育成のためにあるとして、その課題解決にDPの中核となるTOKから示唆を得ようとする研究である。総合的な学習の時間で育てようとしている、自ら課題を見つけ、調べ、主体的に判断して解決するという能力は非言語的知識であるため、そのカリキュラム化や評価基準の設定が確立できておらず、それを可視化しているTOKの参考になる部分と課題が整理されている。我が国での「新しい能力」観の変遷を示した一覧表を見ると、同様の試みが繰り返されてきていることがわかる。

キーワード:

(公開日: 2014/02/18)