日本の中等教育における国際バカロレア導入の利点と課題

我が国の中等教育にIBを導入する場合の利点と課題について、教科外活動とMYPに注目して考察した論文である。我が国の教科別の教育から見ると、IBでは教科間連携、あるいは教科横断型の教育が行われる、「教科外活動」にという考え方自体がない。だからこそ、逆に我が国のカリキュラムに位置づけられている教科外活動(道徳、総合的な学習の時間、特別活動)を教科指導とどのように連携させるかという課題は、IB、あるいはその教育理念を導入する時の課題と可能性を考えるヒントになる、という視点で書かれている。

キーワード:

(公開日: 2014/02/18)