若林中央大学副学長と吉田代表理事の対談

中央大学副学長の若林茂則先生と上智大学教授・GEIC代表理事の吉田研作先生が英語教育のあり方について対談しました。

お二人が言語についての個人的な経験も交えながら、TEAPなどの英語力を測定するテストや、日本人にとっての語学教育が何を目指すべきなのか、また学生はどのような認識で語学学習に取り組んでいくべきか等をお話しになりました。

詳細は中央大学公式サイトに掲載された記事をご覧ください。

http://globalization.chuo-u.ac.jp/news/2013/11/1639/