英字新聞制作プロジェクトのご案内

英字新聞制作プロジェクト(ENP)は一般社団法人グローバル教育情報センターがご提供するプログラムです。

詳細はご案内リーフレットをご覧ください。

上のリーフレットは枠内の上方にある矢印からダウンロードできます。

プロジェクト概要

日本は不足した労働力を、労働力が豊富な外国から補充することになります。つまり移民を受け入れていかなければ国が成り立たなくなります。ロボットやAIが代替できる分野もありますが、全てではありません。こうして、これから皆さんが生きていく日本の社会は大きく変貌していくと考えれます。外国人の流入によって、「同質」の中で生きる社会から、「異質」と共存する社会に変わっていきます。海外で活躍する人は勿論のこと、生まれ育った国内にいても、日本語を母国語としない人と接し、一緒に仕事をしていくことになるのです。

このような状況に応じて、政府の政策や国家としての在り方も変化するでしょう。自分の国がどうあるべきか、それに基づき政府の政策をどう評価するかを、国民一人一人が考える必要があります。こうした社会で必要なスキルは、共通言語としての英語と、方法(仕事の進め方やスケジュール)を共有して目的(仕事の結果)を達成するプロジェクトマネジメント、情報の真偽を見極める批判力です。皆さんが取組むEnglish Newspaper Production Project は、この3つのスキルを習得するきっかけとなるはずです。

自分で取材して原稿を書いてみると、新聞のようなメディアの情報が、どのように加工されて表に出てくるかを体験できます。それは新聞に限らず、テレビやインターネットに流れている情報を受け止める時、その真偽を考える力となります。それを文章にして伝える時、読み手のことを考えて原稿を作る作業は、英語による発信力を意識するきっかけとなります。チームで新聞を作ることを通じて、自分とは考え方の異なる人と一緒に何かを作っていくことの難しさやコツを学ぶことは、その後の皆さんの学び方そのものを変えていくはずです。

生徒用テキストの執筆者

監修:
吉田研作(GEIC代表理事/上智大学言語教育研究センター特別招聘教授)

執筆:
板津木綿子(東京大学教養学部 准教授)
工藤洋路(玉川大学文学部英語教育学科 准教授)
佐藤伸(読売新聞東京本社 教育ネットワーク事務局 記者)
高橋大助(國學院大學文学部 教授)
中村尚子(United IP Management株式会社 代表取締役/大学講師)
藤田幸久(読売新聞東京本社 教育ネットワーク事務局 前企画委員

協力:
藤田晃之(筑波大学人間系 教授)
生重幸恵(GEIC理事/NPO法人スクール・アドバイス・ネットワーク 理事長)

生徒用テキストの構成

※(VIDEOS)と記載された章はテキストに対応した映像が準備されています。

第 I 章  プロジェクトとは?

  1. プロジェクトで大切なこと
  2. 記録を残す
  3. スケジュールを立てる
  4. Work Sheet スケジュール表
  5. 英字新聞制作のポイント

第 II 章  英語の新聞を読んでみよう

  1. 記事の種類と掲載ページ
  2. 様々な話題の記事
  3. 紙面を構成する要素
  4. 新聞が読者に届くまで
  5. 新聞社の役割分担

第 III 章  編集会議

  1. 企画
  2. 取材
  3. 記事・紙面
  4. 編集長の役割
    • Work Sheet 企画書

第 IV 章  取材に行こう

    1. 取材とは?
    2. リサーチ
  • インタビュー
  • 取材をする上での心構え
    • Work Sheet 取材記録用紙

第 V 章  「書く」というアクションとは? (VIDEOS)

  1. 書く前に考えるべきこと…
  2. 書き手と読み手は誰?
  3. 相手に伝えるとは?
  4. 書くプロセスとは?
    • チャレンジ 情報をレポートするとは?
    • Exercise

第 VI 章  サイエンスの英文 (VIDEOS)

  1. 事実と意見とを分ける
  2. 事実の書き方のポイント
    • チャレンジ What makes soap bubbles pop?
    • Example
    • Exercise

第 VII 章  英文記事を書いてみよう

  1. 英文記事を書くときの心得
  2. 記事を書くときの逆ピラミッド
  3. リードをつける
  4. 簡潔、端的な文章
  5. タイトルを書いてみよう
  6. レイアウト

第 VIII 章  振返りの視点

  1. 完成した英字新聞についての振返り
  2. 制作工程の振返り
    • Work Sheet 振返りシートA
    • Work Sheet 振返りシートB

※お問い合わせやお申込みはこちらからお願いします。