メニュー 閉じる

第6回英字新聞甲子園(2022)

All Japan Junior and Senior High School English Newspaper Contest

第6回英字新聞甲子園

[主催] 一般社団法人グローバル教育情報センター(以下GEIC)

[後援] 上智大学言語教育研究センター

[日時] 2023年3月18日(土)14:00開演

[会場] オンライン

[対象] 高校生(高校生と中学生のチーム参加は可) 学校を通しての応募のみ受け付けます。

[審査の流れ]

①エントリー(無料) エントリーフォームからお申込みください。

英字新聞甲子園エントリーフォーム

エントリー後にご利用いただけるコンテンツ
・解説動画『新聞編集を効率化するには』
・英字新聞のフォーマット(Word形式)

エントリーした学校に、予備審査応募フォームをご案内します。

②予備審査(有料) 応募締切日:2023年1月27日(金)17:00

応募費:一紙につき¥2,000

*2023年1月27日(金)までにお振込みください。(入金確認後、領収書を発行いたします。)

*予備審査を通過した学校に本審査のご案内をいたします。

*予備審査を通過できなかった学校には、よかった点や課題などのコメントをお返しいたします。

③本審査(有料) 応募費:一紙につき¥3,000

*2023年2月20日(月)までにお振込みください。(入金確認後、領収書を発行いたします。)

④表彰式 本審査に進んだ学校の発表と表彰を行います。

[審査料振込先]

金融機関:みずほ銀行
支店名:神田支店(店番号108)
口座番号:1385234
口座名義:シヤ)グローバルキヨウイクジヨウホウセンター

[審査基準]

評価項目 望ましい到達点 配点
(100)
Value ①Viewpoint
・新しい視点が盛り込まれているか。
記事のテーマ、内容に新しい視点が盛り込まれ、読者にとって発見のある記事になっている。 15
②Discovery
・一般的に知られていないことを扱っているか。
一般的に知られていないことを扱っている。 10
Quality ①Accountability
・裏付けとなる根拠(証拠、証言)を示しているか。
・複数の根拠を使って裏付けの強化を図っているか。
根拠を提示するだけでなく、それを証言や伝聞、統計など複数提示することにより強化している。 15
②English
・適切な英語を使っているか。
書きたいことが、適切な文章構成や単語、表現で書けている。 10
Style ①Structure
・見出しの限られた文字数で、記事のテーマがわかるか。
・リードで記事の概要がわかるか。
見出しでテーマが適確に理解できる。
また、リードで記事の概要が正確にわかる。
15
②Appearence
・見やすい紙面構成になっているか。
全体的に見やすい紙面構成になっている。 10
Contents ①Appeal
・想定している読者に訴求する内容になっているか。
テーマ(全体)が統一され、全ての記事が想定している読者に伝わる内容になっている。 15
②Consistency
・紙面全体の一貫性がとれているか。
全体のテーマに沿った記事の編成になっている。 10

[本審査審査委員]
調整中

[応募条件]

(1)タブロイド版またはA3版で4ページ以内で制作してください。
*エントリーしていただくと、Word(MicroSoft)のフォーマットをダウンロードできます。また、このフォーマット以外の形で提出しても結構です。

(2)応募する新聞はPDFに変換し、データ送信サービス(firestrage、GIGAファイル便など)を利用してお送りください。応募フォームにデータ送信サービスのURLの記入欄があります。

(3)どのような読者に、どのようなことを伝える新聞であるかを記載した企画書も提出してください。エントリー後にご案内する企画書のフォーマットをダウンロードしてご利用ください。

(4)学校所在地周辺(市区町村)の地域情報に関する記事を1つ以上加えて下さい。

[注意点]

(1)生徒の皆さんが制作した英字新聞で応募してください。但し、他者(学校の先生を含む)からアドバイスを得ても構いません。

(2)GEICが提供する『英字新聞制作プロジェクト』に参加している場合は、Student版で応募してください。Improvement版、またはProfessional版による応募は認められません。

(3)1校から複数のチームで参加する場合は、各チームごとにお申込みください。応募費は合計してお振込みください。

■お問合せ:

事務局 櫻井淳二
Tel:050-3733-7914
メールによるお問い合わせはこちらから